家電はリサイクルできるの?

家電リサイクル

家電リサイクル法って何?

家電には、銅や鉄などの有効活用ができる金属やプラスチックなどの資源が多く含まれています。 これをゴミとして捨てるのではなく、有効活用しようという目的で制定されたのが、家電リサイクル法です。 これによって、消費者の負担でリサイクルすることが義務付けられました。

家電はリサイクルするには?

昔は家電も粗大ゴミとして、市町村が収集し処分されていましたが、粗大ゴミの中には大型で重く固い部品が含まれているため、粗大ゴミ処理施設では処理できないものがたくさんあります。

家電製品もその一つです。
家電の廃棄物には、金属やプラスチックの有用な資源が多量に含まれているのに、リサイクルが困難で大部分はそのままゴミとして埋め立てられていました。

そこで、ゴミの減量と資源を有効に活用するために、家電廃棄物などのリサイクルを推進するために出来た法律が、特定家庭用機器再商品化法です。家電リサイクル法とも呼ばれています。

2001年(平成13年)4月1日から施行されて、それからは家電廃棄物はゴミとして捨てられなくなりました。
この法律によって、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の四つの品目が特定家庭用機器に指定され、小売業者は消費者からの引き取りと製造業者への引き渡し、製造業者などは、引き取りとリサイクルが義務付けられました。

また、リサイクルにかかわる費用は、引き取りを求めた消費者の負担になります。
ようするに古くなって使わなくなった家電は勝手に処分することが出来ず、粗大ゴミとしても引き取ってくれなくなり、小売店に費用を払って処理してもらわなければならなくなったということです。

買い替えの時には小売業者が有料で引きとってくれますので、相談するといいでしょう。引っ越しなどで処分する際には、処理業者に依頼するか、自分で処理場まで運びます。

いずれもそれなりの費用を負担しなければなりません。

リサイクル券とは何か?

家電のリサイクルを円滑に進めるためのシステムが、家電リサイクル券です。 これによって、家電リサイクル券を取扱っている小売業者に廃棄物の引取りを依頼することが簡単にできます。 たいていの小売業者は家電リサイクル券を取り扱っているので、相談するといいでしょう。

家電製品協会とはどんな団体か?

家電製品協会とは家電製品の業界団体で、家電のリサイクルも担当しています。 家電の処分に困ったときは、この団体のホームページを参考にしましょう。 家電製品協会またはRKCで検索すれば、すぐにヒットします。 それ以外は、地方自治体のゴミ処理担当に問い合わせます

TOPへ戻る