家電リサイクル

家電リサイクル法って何?

家電製品のリサイクルのシステム

家電製品のリサイクルは、運搬業者によって処理業者に引き渡されます。
処理業者はそれを再資源化するわけです。
その運搬費は消費者の負担になります。

小売業者によってはその運搬費を負担してくれるサービスがあるところもあります。
その点はよく販売店で確認します。
新しい品物が安くても古い家電の処理に思わぬ費用を負担しなければならないことがよくあるからです。

だいたいの小売店は、新しい商品を売ったサービスとして、古い家電を引き取ってくれますが、通信販売などを利用した場合は別途引き取り費用を請求されることもありますから、購入する時によく確認します。

新しい家電を購入する時には、古い品物の処分のことまでなかなか気が回らないので注意しましょう。

小売業者に依頼できない場合は?

引っ越しなどで家電を処分したいが、小売業者に頼むことができないというケースはよくあります。

そういった場合は、引き取り処分の専門業者がいるのでそれに頼むのが簡単です。
業者への連絡先が分からない場合は、市町村のゴミ処理担当窓口に問い合わせるといいでしょう。

業者によっては利用者の無知に付け込んで高い料金を請求する悪質な業者もいるので注意します。
市町村の紹介の業者なら安心できます。

引っ越し業者によっては、引っ越しのオプションサービスとして不用品の処分を加えている業者も多いので、それを利用すると手間がかかりません。
そうでないと、不用品処分の専門業者に頼むと二度手間になってしまいます。

引っ越しの際には、不用品の処分のオプションがあるかどうかを見積りを取る際によく確認しておきます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る